TOP Page > 学科紹介 > 電気科
デザインタイトル
電気は「光・力・熱・音」などをつくり出し身近な製品に活用され、現代に必要不可欠な存在です。現代社会は電気技術者を必要としていて、電気科の卒業生に対する期待はとても大きなものになっています。本校電気科では基礎からしっかり指導し、先端技術にも対応できる適応力を育て、あらゆる業界で活躍できる電気のスペシャリストの育成を目指しています。
1年目
作業の基礎を学び、徐々に電気の理論や配線方法などを学びます。計測実習や作品製作などを行っています。
クリックで拡大
2年目
第二種電気工事士の資格取得のための練習や専門的な電子実習や機器実習を行います。計測機器も様々なものを使用します。
クリックで拡大
3年目
各自興味のある分野を決めて行う課題研究を行います。テーマはロボット製作・音響・ソフトウェア制作・電子工作・電気工事など生徒の希望するものです。
クリックで拡大
科目 学習内容
「工業技術基礎」「電気実習」
「情報技術基礎」「電気製図」
電子工作、電気計測、電気工事の実習を行い、コンピュータ、ハードウェア、ソフトウェアの基礎を学び、製図の基礎を学びます。
「電気基礎」「電子技術」
「電気機器」「電力技術」
直流回路、交流回路、電子回路、磁気、静電気、通信、制御、機器、発電、送電、配電、屋内配線、照明、音響などの理論を学びます。また、電気工事士や電気主任技術者などの勉強もします。
「課題研究」 各自で興味や関心のあるテーマを選択し、一年間かけて調査、研究、作品製作などをします。
作品サンプル1作品サンプル2ワンピース作品サンプル3デッサン

左より■基板製作装置■高電圧実験装置■電気工事

検定試験・取得可能な資格
■電気主任技術者
第三種電気主任技術者の資格が経済産業大臣の認定を受けていますので、卒業後3年間の実務経験を経て申請することにより取得できます。
■電気工事士
経済産業省の認定を受けていますので、卒業すると第二種電気工事士筆記試験が免除されます。就職活動で有利になるため在学中に取得できるよう全員に指導します。
■工事担当者(電話工事とデジタルデータ通信工事)
総務大臣の認定を受けていますので、卒業するとAI第三種とDD第三種の試験科目「電気通信の基礎」が免除されます。
     ・・・この他にも様々な資格取得が可能です。

卒業生写真1就職

高校を卒業し、すっかり学生気分が抜け、自分では立派な社会人?になれていると思います。最近では仕事にも慣れ、少しずつ余裕も出てきました。私が在学中の勉強で役立ったと思うことは数多くありますが、一つ紹介するならば「電気の計算式」です。これは試験後もよく使用し、しかも応用がきくので退職するまで使用することができると思います。高校時代にそうした学習ができて良かったと思います。

卒業生写真1進学

大学生活の様々な場面で川越工業で学んだ事が役立っています。専門教科では学んだ基礎知識を武器に、いち早く授業内容を理解することができます。レポート作成も鍛えた技術と知識で高い評価を得ています。「なぜそんなこと知っているの?」の問いに「高校で習ったから」と答えると、友人は工業高校に進学していればよかったと言います。普通科で学ぶことのできない専門知識の習得ができる川越工業を卒業して本当に良かったと思います。