TOP Page > 学科紹介 > 機械科
デザインタイトル
機械科は、機械の構造発展歴史に触れ、材料の性質などを通して、自ら学ぶ意欲のある生徒を育てます。特に実習では、多様な機械に触れながら機械の操作や加工技術を学び、ものづくりの楽しさや達成感を味わう事ができるような学習を心がけています。
1年目
鋳造・鍛造・旋盤・溶接・板金・電気関係など基礎を中心に実習します。
クリックで拡大
2年目
基礎的な分野から応用的な分野に移ります。テーブルバイス・CNC旋盤・材料試験・電気関係などの実習をします。
クリックで拡大
3年目
CAD製図・ボイラー・エンジン・マシニングセンター・計測制御・ロボットなどの実習をしています。課題研究では、自ら課題を決め取り組んでいます。
クリックで拡大
科目 学習内容
「工業技術基礎」「機械実習」 機械技術の基礎および応用を身につけます。また、電気の基礎も勉強します。
「機械製図」 機械製図を身につけ、部品の製図やスケッチ、設計製図を学びます。
「情報技術基礎」 コンピュータのしくみや、機械分野への応用について学びます。
「機械工作」「機械設計」 機械工作は主に金属材料の特性を学び、機械設計は材料における力学的分野を学びます。
「原動機」「自動車工学」 原動機はエネルギー変換を行う機械等を、自動車工学は自動車の基礎知識について学びます。
「課題研究」 各自、興味・関心のあるテーマを選択し、1年をかけ調査・研究・製作などをします。
作品サンプル1作品サンプル2ワンピース作品サンプル3デッサン

左より■鋳造(鋳物)■マシニングセンタ■キャリアロボット

検定試験・取得可能な資格
■2級ボイラー技士
ボイラーはビルの温水供給や高温高圧の蒸気を発生させることによってビルの空洞や工場の動力に使用され、工場、病院、ホテルなどになくてはならないものです。全てのボイラーの取り扱いができる国家資格です。資格取得状況はこちら
■小規模ボイラー取扱者
小型ボイラーのみ取り扱いが可能な資格です。
■ガス・アーク溶接
溶接とは金属を溶かし繋ぎ合わせるもので、それぞれの取り扱いが可能になる資格です。
■機械製図検定
図面を読む、描く等ものづくりの基本となる資格です。
     ・・・この他にも様々な資格取得が可能です。

卒業生写真1就職

会社では、注文の機械的性質を満たすため成分調整をした後試作、試験をするという金属材料開発を行っています。中学生までは頭を使った授業は苦手でしたが本校へ入学し、座学で学習し、実習で確認、理解を深めるという工業高校独特の授業のおかげで好きになりました。資格試験等にも挑戦する意欲がわき、多数の資格取得ができ、社会に出てからも非常に役立っています。

卒業生写真1進学

川越工業機械科に入って良かったと思うことがあります。一つめは提出物を期間までに確実に提出できるようになった事です。これは社会では当然のことですが、高校生には難しいことです。二つめは挨拶です。先生方の爽やかな挨拶で、私も抵抗なく挨拶ができるようになりました。機械科は厳しい場面も多いですが、その分卒業後の私にとって大きな力になっています。