TOP Page > 学科紹介 > 建築科
デザインタイトル
建築科は生活の基本となる「住」について、3年間で構造、計画、力学、施工、法規、空間・デザイン、歴史や人間の行動などについて学びます。座学の学習と共に、建築実習や建築製図など、実際に体で体験しながら学習し、総合的に理解を深めます。
1年目
建築の構造や力学等を学びながら、税図、木工、測量などの実習・CAD製図の方法など、建築の基礎を学びます。
クリックで拡大
2年目
構造や力学、空間デザイン等を学びながら、素材の強度試験や軸組模型、透視図の作成・住宅の設計など、建築の基本を学びます。
クリックで拡大
3年目
建築全般について学習し、課題研究において自分の力を伸ばし、自主設計では建築の総合理解を図ります。
クリックで拡大
科目 学習内容
「工業技術基礎」「建築実習」 建築技術の基礎および応用を身につけます。
「建築製図」 建築物に使用される各構造の製図について学びます。
「情報技術基礎」 コンピュータのしくみや建築分野への応用について学びます。
「建築計画」「建築構造」
「建築構造設計」「建築施工」
建築物を設計するのに必要な室の配置、デザイン、環境、構造のしくみ、力の流れ、施工方法等を学びます。
「建築法規」 設計・施工に必要な建築基準法について学びます。
「建築総合演習」 建築についての学習の幅を広げ、学習のまとめをします。
「課題研究」 各自が興味・関心のあるテーマを選択し、一年間かけて調査・研究・製作などをします。進学希望者対象に設計コンクールに応募します。様々な分野のスペシャリストにも講義を受けます。
作品サンプル1作品サンプル2ワンピース作品サンプル3デッサン

左より■木工室■製図室1■CAD室

検定試験・取得可能な資格
■小型車両系建設機械
この資格を取ると機体重量3トン未満の建設機械の操作ができるようになります。主にミニショベルの運転に必要な資格です。
■福祉住環境コーディネイター
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提供するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連絡をとりながら高齢者や障害者に適切な住宅改修プランを提示するものです。
■小型フォークリフト
この資格を取ると最大荷重1トン未満のフォークリフトの操作ができるようになります。
     ・・・この他にも様々な資格取得が可能です。

卒業生写真1就職

川越工業高校を卒業し大工をしています。今はまだ修行の身ですが、日々勉強しながら立派な大工になれるように努力しています。最近は現場にも出るようになり家を造っていると実感しながら働いています。工業ではたくさんの事を学びました。家の部材や道具の名前、道具の使い方など、工業で学んだ一つ一つが働いていく中で役立ち生きています。

卒業生写真1進学

私は東洋大学工学部で建築を学んでいる1年生です。大学は授業が進むのが早いので内容を理解するのが大変で、レポート提出も多く、思っていたより忙しいです。高校で建築の基礎やレポートの書き方を学んでおいたことが本当に役立っています。それから、高校3年間で自分の学びたい分野がはっきりすることができたことも、事業選択に役立っています。