TOP Page > 学科紹介 > 化学科
デザインタイトル
化学は大きく分けると合成と分析という分野から成り立っています。合成技術を利用してプラスチック、医薬品、化粧品などの化学製品が作られ、私たちの生活を快適にしてくれています。また、分析技術を応用して品質検査、環境分析等が行われ、品質向上や地球環境の改善に役立っています。化学科では、これらの基礎知識や基本技術を確実に身につけることを目指します。
1年目
化学の基礎、基本を学習します。特に、実習では実験器具の使い方から薬品の取扱、安全面に至るまで幅広く学びます。
クリックで拡大
2年目
将来の進路を見据えた数多くの化学の専門的知識を高めます。同時に3年次のコース選択を視野に入れて学びます。
クリックで拡大
3年目
2コースに分かれます。化学産業分野を扱う「応用化学コース」と地球環境問題を扱う「環境・バイオコース」です。スペシャリストの育成を目指します。
クリックで拡大
科目 学習内容
「工業技術基礎」「化学実習」
「工業化学」「化学技術」」
化学の基礎から応用並びに化学を利用した分析や合成など、幅広い知識や技能を身につけます。
「情報技術基礎」 コンピュータの歴史から基本操作までを幅広く学びます。
「地球環境化学」 大気・水質・騒音など、地球環境の測定や、現状把握、そして改善策などについて幅広く学びます。
「材料化学」 工業材料の基礎知識や化学的性質について学習します。
「化学工学」 化学工場の機械・装置を理解し、操作・管理などに必要な基礎知識・技術について学習します。
「工業管理技術」 工業生産の運営と管理に関する基礎的な知識と技術について学習します。
「課題研究」 各自の興味・関心・進路に応じてテーマを選択し、実験・研究をします。
作品サンプル1作品サンプル2ワンピース作品サンプル3デッサン

左より■人工宝石製造装置■電子顕微鏡■DNA鑑定装置

検定試験・取得可能な資格
■危険物取扱者(乙種1から6類)
危険物質を取り扱う場合に必要な資格です。ガソリン・アルコールなどを取り扱う乙種4類をはじめ全類合格を目指します。
■有機溶剤作業主任者(技能講習終了)
有機溶剤の取扱作業(印刷・塗装業など)に従事する労働者の指揮、監督などの際に必要な資格です。
■特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
特定化学物質のPCBや塩素、重金属を取り扱う作業(電子部品、無機薬品の製造など)に従事する労働者の指揮、監督等が可能な資格です。
■毒物劇物取扱責任者
化学薬品や農薬などを取り扱う事業所で必要な資格です。必要な単位を取得することにより卒業後、申請により得られる資格です。
     ・・・この他にも様々な資格取得が可能です。

卒業生写真1就職

高校生活を振り返ると、毎週のように実験、レポート提出に追われ大変だったことを思い出します。反面、化学の原理や仕組みを実感して覚えることができ、楽しくやりがいのある毎日でした。卒業した今、高校での3年間は人として成長するための大事な時期だったのだと実感します。自分の将来と真剣に向き合うことができ、とても感謝してます。

卒業生写真1進学

大学で国語や数学といった普通教科の他に、有機化学や薬用植物学といった専門科目の勉強もしています。普通科卒業の人と高校の時の話をすると、普通科の高校と工業高校の違いがよく分かります。友達に支えられ、先生方に支えてもらいながら過ごした3年間は、今の私にとって大切な思い出です。もしも、川越工業に入学していなかったら今の私は無かっただろうなと思います。