TOP Page > 学科紹介 > デザイン科
デザインタイトル
デザイン科は、広告やパッケージを中心とした「グラフィックデザイン」、服地などの「テキスタイルデザイン」を学びます。伝統を大切にすると同時に、実社会で役に立つ知識と技能を身につけ、一人ひとりの個性を大切にする専門技術を学びます。
1年目
グラフィックの基礎となる色彩構成やデッサン、テキスタイルの基礎知識や技法などを講義や実習を通して学習します。
クリックで拡大
2年目
1年次で学習した内容を発展させ、よりレベルの高い作品作りを目指します。検定試験や資格取得に関わる学習も多くなります。
クリックで拡大
3年目
「グラフィック」や「テキスタイル」をはじめとする選択科目で、より専門性を深め、興味、関心に応じた実践的な学習をします。
クリックで拡大
科目 学習内容
「工業技術基礎」「デザイン実習」 デッサン、シルクスクリーン、染色、織物、縫製、CG、レタリング、パッケージなど、デザインの基礎を学びます。
「デザイン製図」 製図規約を学びます。
「情報技術基礎」 コンピュータのソフトやCG等デザイン分野への応用を学びます。
「デザイン技術」 デザイン概論、デザイン史、デザイン材料などを学びます。
「テキスタイル」「グラフィック」 各種デザインに関する理論と応用などについてコース選択により専門性を高めて学びます。
「デザイン技法」 プロダクトデザイン、インテリアデザイン、写真技法などを学びます。
「課題研究」 アパレル,ビジュアル,浴衣,ベーシック(進学対策)から興味・関心・適性のあるテーマを学びます。
作品サンプル1作品サンプル2ワンピース作品サンプル3デッサン最貧サンプル3平面構成作品サンプル4CG
左より・パッケージデザイン・アパレル(ワンピース)・デッサン(時の鐘)・平面構成(風景)・コンピュタグラフィック(川越祭りポスター)

検定試験・取得可能な資格
■グラフィックデザイン検定
グラフィックデザインの専門知識、マルチメディアに対応できる能力が必要です。
■情報デザイン検定
視覚伝達デザイン、インタラクティブメディア、インターフェイスデザイン、プレゼンテーションデザイン等の情報発信に対応できる能力が必要です。
■レタリング技能検定
文字を美しく楽しく読みやすく図案化できる技術と専門知識の能力が必要です。
■カラーコーディネイター検定
■色彩検定
色の使い方、性質についての知識や色彩に関わる検定であり、フォッション、建築、インテリア等様々な分野で役立ちます。
■基礎製図検定
■トレース技能検定
工業用図面を正しく作図する技術とJIS規格の図面作成上の基礎知識を把握する能力が必要です。
     ・・・この他にも様々な資格取得が可能です。

卒業生写真1就職

私が就職した細川洋行は、食品や医薬品等のパッケージ印刷・加工をしている会社で、そこで私はパソコンを使ってパッケージデザインの製版作業をしています。高校時代に学んだ色彩の知識やパソコンの描画ソフトを使っての学習が、現在の仕事に役立っています。自分の関わった製品がスーパーやコンビニの店頭に並んでいるのを見るととてもうれしくて、また仕事を頑張ろうという気持ちになります。

卒業生写真1進学

私が川工を選んだのは、デザインについての知識を幅広く習得できるからです。またどのようなデザインの分野に興味があるのか決まっていなかったので、デッサンやパソコンを基礎から学べたり、1からデザインについて学べる環境はとても良かったです。現在は、デザインの専門学校で、川工で習得した色彩検定やレタリングの知識・技術をいかして頑張っています。