お知らせ

最新TOPICS  TOP Page > 川越工高トピックス
    平成28年度: 4月5月6月7月8月9月10月11月
    平成27年度: 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
    平成26年度: 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
    平成25年度: 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
 

日誌

H28 12月
12
2016/12/26

29年度新実習着決定!<デザイン科>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
デザイン科の29年度新入生の実習着がフルモデルチェンジしました。
今まで、メンズMサイズの着用を余儀なくされていた女子の実習着にレディース用が登場しました。カーゴパンツは男女の形から違います。
脇部分のニットの引き締め効果でボディラインもきれいにすっきり、もたつきがありません。
女子はピンクのラインが冴えるレディース配色。男子は濃紺のラインとグレーの落ち着いた配色で、在校生の意見を参考に選ばれました。
夏期は半袖ブルゾンからポロシャツに変更しました。男女とも速乾性に優れたメッシュ素材で汗をかいても快適です。色は在校生の圧倒な賛成のもと紺色に決定しました。

18:46 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2016/12/23

「第4回埼玉県環境住宅賞」奨励賞受賞<建築科>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

12月22日(木)、県民健康センター(さいたま市)で、「第4回埼玉県環境住宅賞」の表彰式がありました。
本校からは、高校生アイディア部門に5名が作品を出品しました。
その結果、建築科1年の赤岩君の「振動で発電する家」が奨励賞を頂くことができました。
また、この表彰式では、他の応募作品も展示されていたり、第一線で活躍されている建築家のプレゼンテーションも聴くことができた貴重な機会となりました。
ぜひ、来年もチャレンジしてレベルアップをしてもらいたいです。


14:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/22

2学期終業式を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

12月22日(木)、2学期の終業式を行いました。
校長の式辞では、校内にポスターも掲示してある「5S」についてのお話がありました。
「5S」とは、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の5つの頭文字をとったものです。
「整理」は、必要なものと、不要なものを分け、不要なものは捨てること。
「整頓」は、必要なものがすぐに取り出せるように、置き場所や置き方を決め、表示を行うこと。
「清掃」は、ゴミや埃、汚れのない状態にするとともに、細部まで点検すること。
「清潔」は、「3S(整理・整頓・清掃)」を徹底し、汚れのないきれいな状態を維持すること。
「躾」は、決められたことを決められた通り実行できるように、習慣化すること。
トヨタ自動車の「汚したくても汚れない職場づくり」の取り組みを例に挙げられ、
「安全・安心な、より良い社会を創ることができる人財を育成する」工業高校の役割の基盤が、「5S」であるとお話いただきました。
終業式の後、生徒指導部内田先生、教務部東田先生から2学期の状況、冬休みの過ごし方について講話がありました。


17:29 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2016/12/21

美しい結晶の世界<化学科>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月21日(水)、ガリレオアカデミー所沢教室の石倉先生と宮林先生をお招きして、
「美しい結晶の世界 ~ミニクリスマスツリー製作~」を実施しました。
水溶液から結晶ができる実験を3つ行いました。
はじめに試験管に入っていた温かい塩化アンモニウム水溶液を冷やして結晶を作りました。
次に温かい酢酸ナトリウム水溶液をシャーレに流して冷やし、一気に結晶化していく様子を観察しました。
最後にクリスマスツリー型に切り取ったフェルトに尿素の水溶液を染み込ませる実験を行いました。
1~2日後には水が蒸発して尿素結晶が雪のように付着した結晶ミニツリーができる予定です。
実験を通じて温度や水分量の変化によって結晶が現れることを学ぶことができました。


20:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/20

2学期表彰式を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

12月20日(火)、2学期に活躍した生徒を称える表彰式を行いました。
部活動では、庭球部、弓道部、柔道部、陸上競技部、自転車競技部、剣道部、美術部、写真部が檀上にあがりました。
また、デザイン科のコンテストや化学科の技能検定合格、建築科の設計コンペ、埼玉県高校生専門資格取得表彰、校内マラソン大会、生徒会のやまぶき褒賞など様々に活躍した生徒を・団体を全校で称えました。
のべで128枚の賞状が校長より手交されました。


表彰式後に、デザイン科2年生3名が台湾に派遣された報告会を行いました。
19:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/19

後期生徒総会を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月19日(月)、新生徒会による後期生徒総会を開催しました。
議案は3つで、会計欠員補充、執行部補佐の承認、工業祭会計報告が承認されました。
66期生徒会執行部のスローガンは、「誰もが向上心をもち、一生懸命になれる学校」です。
活動方針は下記の4つです。
 ・地域の方々と交流を盛んにする。
 ・挨拶を積極的にする。
 ・生徒の意見に耳を傾ける。
 ・生徒会への理解を深めてもらう。
一生懸命さは輝きです。今後の生徒会執行部の積極的な生徒への働きかけを期待します。

18:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/19

「自信は生きる力なり」講演会を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月19日(金)、川越市職員で元アイスレッジホッケー日本代表の遠藤隆行氏による講演会を開催しました。
遠藤氏は、2002年ソルトレークシティ大会、2006年トリノ大会、2010年バンクーバー大会と3大会連続でパラリンピック日本代表です。
特にバンクーバー大会では、キャプテンを務め強豪カナダを破り、銀メダルの獲得に大きく貢献された方です。
講演は最初に、小・中・高校時代のお話があり、アルトサックスとの出会い、雨の日の通学などの苦労や障害を理由に甘えていた自分のことなどお話しいただきました。
そして、偶然にも近いアイススレッジホッケーとの出会いや障害が言い訳にならないアイススレッジホッケー仲間とのお話を、2010年のバンクーバー大会の映像を交えてお話いただきました。
「自分の身体のことを笑って話せなくてどうする」と仲間から言われて気が付き、皆に自分知ってもらうこと、分かってもらうことで強く生きられ、自分に自信がついたことをお話しいただきました。
生徒に夢を持ちやり遂げる勇気を与えてくれた貴重な講演会となりました。

17:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/19

川越きものの日5周年記念イベントに参加しました<デザイン科>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月18日(日)、デザイン科2・3年生の有志12人は「川越きものの日5周年記念」イベントに参加しました。
午前中からは仲町観光案内所で今年最後の手織り体験を行いました。午後には蓮馨寺の講堂で、1学期に制作した浴衣を3年生3人がモデルとして出演しました。
また、2学期から課題研究で個人の浴衣を染色・制作した3年生6人は、本人がモデルとして出演しました。
今回このような発表の機会をいただいた関係各位に感謝申し上げます。
2月に校内で全学科が行う課題研究発表会や学校外で行うデザイン科卒業制作展では、洋服の発表や、商品開発を含めて集大成となる発表会を行う予定です。

17:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/19

第二回森林教室を実施しました<建築科>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

12月14日(水)、建築科1年生は越生町虚空尊周辺の森林にて間伐体験を行いました。

埼玉森林サポータークラブや川越農林振興センターの皆さんのご協力により間伐について体験を通して深く学ぶことができました。
伐倒する際には「受け口」や「追い口」、倒す方向などについて、生徒自ら試行錯誤し、コミュニケーションを取りながら取り組みました。

普段使用している木材について関心を深め、これからに生かすことの出来るきっかけとなったと思います。


16:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/16

YKKのファスナー(ジッパー)特別講義<デザイン科2年>

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月16日(金)、デザイン科2年生は、YKKファスニングプロダクツ販売㈱とYKK㈱のご協力により、ファスナー(ジッパー)の特別講義を実施しました。
ファスナーの起源から始まり、暗闇で光る蓄光ファスナー、強く左右に引っ張るだけで解放される簡易分離ファスナー、漁網用の巨大ファスナーなど、新しい用途や特殊な機能を持ったファスナーを実物に触れながら学習することができました。
普段、身近にあるファスナーの今まで気づくことがなかった奥深さを知り、作品制作の幅が広がりました。
このような機会をいただいたYKKグループの皆様に感謝申し上げます。

18:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12